若年性認知症について

 

認知症は、一般的には高齢者に多い病気ですが、

65歳未満で発症した場合は「若年性認知症」といいます。

 

高齢期に起こる認知症とは異なり、年齢が若いゆえに生じる

生活上の困りごとや、精神的な葛藤は計り知れないものとなります。

本人やご家族は、日常の中で徐々に起きてくる異変に

戸惑いながら、生活をしなければなりません。

 

症状が進行するにつれ、仕事や家庭での役割も難しくなり、

周囲に及ぼす影響や経済的な問題も大きくなります。

先の見えない状況の中で孤立状態になり、

閉じこもったりして社会との関わりが希薄になります。

 

今、日本全体では4万人の方が発症していると言われています。

 



スマートフォンでご覧の方は画面左上の「3本の黒横線マーク」

 サイトメニュー(目次)になっています。